44.jpgもしかして包茎に悩んでいるから女性に積極的になれないでいる?
包茎だからって温泉に行くのも嫌になってない?
包茎だからって男として自信が持てないって感じていますか?
包茎で悩んでいる男性に活!さっさと手術しちゃいなさい!

包茎手術を躊躇している理由ってなんでしょう。
恥ずかしいから?
お金がない?
クリニックの敷居が高い?
女性スタッフがいたらどうしようって?

その不安、全然問題ないですよ。
恥ずかしいといっても、包茎に悩む日本人男性は全体の7割だということをご存知でしょうか。
これはアンケート調査的なデータなので、もしかするともっとたくさんの人が包茎で悩んでいる可能性があります。
そして、少なくともその多くの人はクリニックに行っています。
医師も男性ですし、包茎手術には慣れっこ。
恥ずかしいこともなければ、仕方のないことなんだから大丈夫ですよ。
さらに、完全予約制になっているなど患者同士が顔を合わさなくて済むような
システムになっているので誰にも知られずに包茎手術はできるのでご安心を。

次に、金銭面で手術ができないと思っている方。
包茎手術は確かに保険がきかない手術です。
が、何百万もするような金額ではありませんよ。
旅行に行ったつもりの金額で10万円するかしないか程度です。
ネット予約ならもっと安くなるクリニックもありました。
食費だったり外食を減らす、洋服を我慢するなどちょっとした節約でなんとかなる金額です。
包茎で悩み続けることを考えればかなり安いものだと思うんですけどね。

また、クリニックに女性スタッフがいないか心配という方。
こちらの心配も無用です。
クリニックによっては男性スタッフのみとなっているので
その辺はホームページを確認すればわかることです。
もしも、女性スタッフがいたとしてもあちらも慣れっこ。
患者はあなただけではありませんし、これまでに何百人もの患者を診てきたはずです。
スタッフに女性がいたとしても特にどうこう思うことはないでしょう。

言いたいことはただ一つ。
包茎で悩んでいる男性に活!さっさと手術しちゃいなさい!
ってことです。
包茎が気になって未婚のままだなんて。
また、彼女にも積極的になれないなんて。
セックスも楽しめないなんて、そんなの時間が勿体ないだけですよ。
年齢が若いなら猶更ではありませんか。

手術をすぐにする勇気がない方や手術に不安がある方はクリニックによって無料のカウンセリングもあるので、ぜひそちらへ行かれてみては?
きっと、気持ちもスッキリしますよ。

出来れば、自宅で自力で治したいが本音の包茎。
そのため、ネット上には様々な包茎矯正アイテムが販売されています。
矯正下着に接着タイプ、リングなどの矯正器具があって、効果がなかったら全額返金など包茎は自力で治せるなどとうたっている商品も目につきます。
が、本当に包茎矯正アイテムで包茎が改善されるんでしょうか。

hnaya.jpg

包茎矯正アイテムの多くは、亀頭部分をむき出しにした状態をキープさせて
いわゆる"ムキ癖"を付けることが目的の器具です。
ムケた状態がキープされれば、包茎は治るということから、矯正アイテムによって
治る可能性があると、うたわれています。
軽度の包茎であればほとんどの場合、効果があると言われていたり、半年使えば治ると言われていますよね。
けれど、包茎にも軽度な物もあれば重度なものもあり、その症状は自分では判断しかねますし、衛生面にも気を使います。
自分の包茎の状態にあった器具かどうかも分からずやみくもに使うのもどうかと。。
自己判断で軽度なものだと思い矯正アイテムを使うのも、半年以上使い続けるのも実は危険な行為なんですよ。
というのも、適切な処置をしないと悪化させてしまう可能性もあると言われているからです。
ここはやはり、専門医師に診てもらう方が賢明。
だって結局、矯正器具では根本的な治療にはなりませんからね。

矯正器具の多くは半年以上使って効果がなければその矯正器具は自分にあっていなかった
ということになるそうですね。
今使っている矯正器具を半年使って全く変化がなかったらどうでしょう。
また、違う矯正器具を購入しますか?
半年も使い続けて、半年も悩み続けておきながら効果がなかったらってことを考えると
ゾッとします。
精神的に立ち直れなくなりそうです。
諦めちゃうかも。
それなら、たった2回程度の通院と30分程度の手術で適切な治療を受けた方が
精神的にも金銭的にも軽減されると思うんですが。。。

どちらにしても、包茎矯正器具は根本的な治療とは言えないので
いつまた包茎になるかもしれないとお風呂に入るたび、不安になるくらいなら
数万円で手術を受けて包茎から解放される方をお勧めしたいですね。

根本的に綺麗に包茎を治すなら専門医師にきちんと見てもらいましょう。
専門クリニックでは完全予約制や男性スタッフのみなど、患者の不安を排除したシステムになっているし、無料カウンセリングだってありますよ。
この悩みから本当の意味で解放されるのは、専門クリニックで適切な処置を受けることだけですからね。

houk.jpg包茎で悩んでいるなら早めに解決することをお勧めします!
包茎手術かあ。。。どんなもんなんだろう。
と躊躇している方へ。
包茎手術についてカウンセリングから実際の手術、アフターケアのことまでご紹介します。

包茎手術の前に電話かネットでカウンセリング予約が必要です。
多くのクリニックが患者にちゃんと配慮してあるので完全予約制になっていて
他の患者と合うこともないんです。
だから、予約は必須。
クリニックに行くとまず受付で、本人確認をしてから問診票を書きます。
ここまでは歯医者と同じような流れです。
そして、いざカウンセリング。
カウンセリングも医師と患者と1対1の個室で行われ、そこで自分の悩みなど相談します。
次に場所を変えて肝心のペニスの状態を見て頂くことに。
ズボンと下着を脱いでどのような治療法が適しているか触診も交えながら診察されます。
診察が終ると、どのような手術が適しているか先生から説明があり、
その日のうちに手術もできるクリニックもあります。
ただ、当日クリニック側が手術が可能であったとしても、
自分が迷っているのなら、自宅に帰って検討することもできます。
カウンセリングに診察を受けたからといってその日のうちに手術を強要されることはないので、気持ちが固まってから再度手術する意向を知らせれば大丈夫です。

手術を決めれば、今度は費用の説明がされます。
なにせ、包茎手術は健康保険が使えませんから一般的な手術に比べると高額です。
が、一生の事だし、悩んでたからって治るものでもなく致し方ありません。
ただ、ローンが組めたりクレジット決済ができるなど支払方法も選べるので安心してください。
一括で支払いする人の方が珍しい位だそうですよ。
クレジット決済なら自分が貯めているカードのポイントやマイレージもためられますから
何となく得した気分になれますし。

さて、手術当日。
カウンセリングと別美にした場合、受付から行います。
そして、医師の方から再度手術の内容について説明があります。
包茎手術は当たり前ですが、すっぽんぽんで行われます。
ここで緊張の一瞬ですが、ペニスを消毒してから麻酔がかけられます。
クリニックによって違うものの、痛みを感じないような工夫がされているので
麻酔による痛みの心配はありません。
実際に、チクリとも感じることがない人が多数なので安心してください。
また、完全に麻酔が効いているので何か行われている感触を微妙に感じる物の、痛みは一切感じることはありません。
切ったり縫合したり行われるのですが、どちらに関しても痛みを感じることはないので安心してください。
縫合が終わるとペニスに包帯が巻かれて手術は終了です。
包茎手術はおよそ30分程度。
手術が終わるとアフターケアについての説明もきちんとされます。
クリニックによって違いがあるものの、術後のシャワーもその日のうちに浴びることができます。
コンドームをつけるかビニール袋をかぶせて濡れないようにするという工夫は必要ですが、どうしても汗のにおいが気になるならシャワーオッケーとのことです。
さすがに、湯船につかるのは1週間後ですけどね。
また、セックスは術後3,4週間後がベストなど、気になる質問をしても大丈夫です。
帰りに、痛みが出た時の痛みどめの飲み薬と化膿止め、包帯を頂いて帰宅です。
包茎手術を決めて実際に手術をするまで不安や心配もあると思いますが、
痛みの心配もありませんし、誰にも知られず手術は行えるので安心して大丈夫ですよ。

naya.jpg一言で包茎手術と言っても美容外科で受けるものと皮膚科で受けるものがあるのです。
これは何の違いでしょうか?
実は保険が適用される包茎もあり、医師による判断で手術の必要があると診断される場合もあります。

仮性包茎の場合は保険が適用されない美容外科での手術が一般的で、全額自己負担になるため病院によって金額が違い10万円から20万円が相場のようです。
男性専用の美容整形外科で受けられるので、待合室で女性に会うのが恥ずかしいなんてこともなく安心で、痛みの少ない最新のなど患者さんの負担を考えた治療や手術方法を取り入れている所も多いようです。

真性包茎の場合は体に害がある場合もあるので病気として扱われ治療が必要と判断されるため、手術を受ける場合も保険適用のため自己負担金は数万円で済むことがほとんどです。
もちろん、手術前の診察や術後のケアも保険が適用されるため受ける側からすると負担が少なくありがたいのですが、こればかりは自分で決めることができないことで、医師の診察によって決まることがほとんどです。

包茎の手術を美容外科あるいは皮膚科で受けるのかは、その症状やどの程度なのかまたは種類によって異なり自分がどちらに当てはまるかはある程度分かるはずですが、確実は判断は病院を受診する必要があります。

また、手術方法も包茎の種類によって異なり、術後の通院が必要ない場合もあれば数日後に抜糸をしなくてはならない場合もあり、腫れが続いたり痛みがあることも多いので病院選びは慎重に行うべきです。

ABCクリニックの包茎手術|メリットとデメリットを暴露!

なぜ包茎が嫌なのか・・・それは色々な理由があるものの最大の悩みは心にコンプレックスを持ってしまうことではないでしょうか?
誰でも人と違う部分や馬鹿にされる部分があるとそれがコンプレックスになってしまい、本当に好きなことやりたいことを押し殺して自分の殻に閉じこもってしまいます。
それが続くとそこから抜け出すことは簡単なことではなくなり、友人と楽しく遊んだり夢だった職業に就いたり、恋人を作ったり、結婚したり・・・人生の中でとても楽しく意味のある時間を自ら避けてしまうことになるのです。
大げさに聞こえるかもしれませんが、包茎は裸にならなければ見られることもばれることもないのに心の傷はとても深く深刻なことが多いようです。
その心のコンプレックスを改善する方法は簡単です!包茎を治す手術をする決心をし、思い切って病院に行くことです。
とても簡単なことで悩みから解放されて人生が楽しいものになるのですから、これくらいの勇気は大したことではないと思いませんか?

konwaku.jpg

包茎は他人が思っている以上に本人にとっては嫌なことで、特に日本では恥ずかしいイメージがあるため悩んでいる人が多いのではないでしょうか?
友人の中で包茎は自分一人だと思っていませんか?実はそんなことはないのです。
日本人の多くは何らかの包茎でそれを隠しているか、あるいはばれないように手術を受けていると言われています。
もしかしたら、あなたが一番仲良くしている友人も同じ悩みを抱えているのかもしれませんし、もうすでに手術を受けて悩みを解消しているのかもしれません。

包茎と言うことだけで心にコンプレックスを持つ必要は全くありません!すぐにでも行動に移して悩みを解決すれば、明日から心が楽になり色々なことにチャレンジしたくなるはずです。

nayami.jpgもし自分が包茎だったら手術をしてまで治したいと思いますか?多くの人が人知れず悩みを抱え、大人になってから決断するようですが、外国では子供のころに手術をするのが一般的という国も多いようです。
それではなぜ包茎は恥ずかしいというイメージがあるのでしょうか・・・確かに見た目の問題もあるとは思いますが、医学的に見てもデメリットがあるようなのです。
包茎はそれ自体病気ではなく、成長とともに治ることも多いようですが、もし成人してもそのままだとゴミや皮脂などのカスが長時間たまった状態になり、そこから悪臭が発生します。
当然その部分は不衛生になるため炎症を起こしたり痒みが出るなどの皮膚疾患が起こりやすくなり、性病になる可能性も高くなると言われています。
手術によって包茎を改善すると清潔に保つことができ、匂いや病気を防ぐことができるというわけです。

包茎自体が体に害がある病気だったら誰もが手術を受けるでしょうが、そうではなく見た目や・・・しやすい・・・なりやすいという程度の不具合しかないとなると、手術を受けるか受けないかは自分のコンプレックスを解消するためという気持ちからなのかもしれません。
しかし、生活に支障が出るくらい不衛生になってしまったり、痛みやかゆみが強い場合は保険適用が認められるケースもあり、そうなると高額な手術費用がかなり安く済むと言うわけです。
どの程度が医師の判断で手術が必要と認められるのかは診察しないと分からないようですが、これらの症状がある人は医師に相談してみてはいかがでしょうか?

日本人男性にとって方形はどのようなイメージがあるのでしょうか?きっと多くの人が友人や家族にも相談できない大きな悩みという考えが定着しているようで、海外のように親が包茎手術を積極的に受けさせるということはあまりないようです。
しかし、日本人の3人に2には包茎というデーターがあるほど、実は当たり前のことでそれを恥ずかしいと考えること自体おかしなことなのかもしれません。

nayamimuyo.jpg

日本以外の国では幼児期や生まれてすぐに包茎手術を受けたり、宗教上の理由から儀式として「チョキン」と切ってしまう国もあるようです。
たしかに、赤ちゃんの頃にこのようなことをされても見ている親は泣き叫ぶ子供を見て可哀想になるものの、本人は全く記憶にないので良いような気がします・・・しかし、これが感染症や炎症を起こすことがあるため以前ほどは行わなくなった国も多いようです。

お隣の韓国では包茎手術を大人の証として当たり前のように受けるようで、日本人のように隠すこともなく6割以上の男性が受けているとも言われています。
韓国では整形手術も恥ずかしいことではないという認識があり、たくさんの美容外科が存在しており包茎手術もこのような病院で行っている場合が多いようで、たしかに韓流ドラマの中で恥ずかしげもなく「包茎手術受けに行くわよ!」と母親が息子に言っているシーンを観たことがあるような・・・

最近は日本でも赤ちゃんの頃からお母さんが皮を剥くように言われる場合もあるようですが、それが原因で炎症を起こすこともあるので賛否両論と言ったところでしょうか・・・
大人になって悩む前に出来ることはしてあげたいと思うでしょうが、日本では未だに本当はどちらが正しいのかはっきりしないようで、ネットの情報で「何々したほうが良いらしい・・・」が独り歩きし、小さな子供を持つ親は困っているようです。
日本もそのうち海外のように包茎手術が恥ずかしいことではなくなる時代が来ると良いのですが・・・